« スマートフォンのbotネット | トップページ | シンガポール:成績が悪く卒業できない中国人留学生のための偽学位記販売が横行 »

2010年3月 7日 (日曜日)

Googleに対する欧州の姿勢を,中国は「社会的責任の欠如」に起因するものと理解しているらしい

新華網(xinhuanet)の英語版記事を読んでいたら,次のようなものを見つけた。もちろん中国政府の見解を示すものではないが,参考にはなる。

 Google's trouble in Europe exposes lack of social responsibility
 English xinhuanet: 2010-03-02
 http://news.xinhuanet.com/english2010/business/2010-03/02/c_13194002.htm

なお,中国語の原文を読もうと思って中国語版のサイトのほうへ移動しようとしたら,検知ソフトが「安全でないサイト」としての警告をブラウザ上で表示した。その中には,3つの脅威があるとの説明が記載されていたので,中国語版へのアクセスをやめることにした。それにしても困ったものだ・・・

|

« スマートフォンのbotネット | トップページ | シンガポール:成績が悪く卒業できない中国人留学生のための偽学位記販売が横行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スマートフォンのbotネット | トップページ | シンガポール:成績が悪く卒業できない中国人留学生のための偽学位記販売が横行 »