« Twitterの利用者のログオンデータを盗み取るための偽ファイルシェアリングサイトが登場 | トップページ | 総務省:政府情報システムの整備の在り方に関する研究会(第5回)議事要旨 »

2010年2月 4日 (木曜日)

インターネット上でタミフル販売の宣伝広告をした輸入代行業者が薬事法違反で逮捕

下記の記事が出ている。

 タミフル違法広告、4日に逮捕=輸入代行業者ら6人、ネットで宣伝-大阪府警
 時事通信: 2010/02/03
 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010020301065

新型インフルエンザの流行に乗じて巨利を得ようという目的で行われたことだろうと思う。世の中不景気でも,サプリメントや一部の医薬品の販売は結構盛んで,利益をあげているらしい。何でもかんでも「クスリ」に頼ってしまう情けない時代になってしまったのかもしれない。

なお,この事件での罪名は薬事法違反(未承認医薬品の販売)ということになっているようだ。医薬品以外でも,一定の許可,手続,資格等がなければ販売できない物品がいくらでもある。おそらく,「警察の手がまわらないので摘発されない」というだけのことで,ネット上にはそうした制限のある物品が事実上いくらでも売られているのではないかと想像される。

|

« Twitterの利用者のログオンデータを盗み取るための偽ファイルシェアリングサイトが登場 | トップページ | 総務省:政府情報システムの整備の在り方に関する研究会(第5回)議事要旨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Twitterの利用者のログオンデータを盗み取るための偽ファイルシェアリングサイトが登場 | トップページ | 総務省:政府情報システムの整備の在り方に関する研究会(第5回)議事要旨 »