« ICカード型クレジットカードのセキュリティが簡単に破られるようになるかもしれない | トップページ | 米国:電話番号のトラッキングをめぐるEFFとFBIの戦い »

2010年2月14日 (日曜日)

インドネシア:ネットを介した違法臓器売買が増加

インドネシアでは臓器売買が禁止されているらしいのだが,ネットを介して売買される例が増えているらしい。下記の記事が出ていた。

 ネットで「腎臓売ります」 インドネシア、広告急増
 共同通信: 2010/02/14
 http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021401000235.html

この記事によれば,臓器の売り渡し先はシンガポールとのこと。シンガポールは,NHKの特集番組でも報道されているように,高度医療を国家的な産業としてとらえ,国外から金持ちの患者をどんどん入院させ手術・治療して収入を得るという国家政策を採っている。しかし,移植用の臓器を人工培養する技術はまだ確立されていないため,誰かの臓器を入手するしかない。 この問題について,どう考えるかは,立場によって異なるかもしれない。

|

« ICカード型クレジットカードのセキュリティが簡単に破られるようになるかもしれない | トップページ | 米国:電話番号のトラッキングをめぐるEFFとFBIの戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ICカード型クレジットカードのセキュリティが簡単に破られるようになるかもしれない | トップページ | 米国:電話番号のトラッキングをめぐるEFFとFBIの戦い »