« 英国:通信傍受が更に拡大する可能性 | トップページ | 情報セキュリティ月間 »

2010年2月 1日 (月曜日)

英国:税金還付詐欺メール

英国で,「税金を還付するから銀行の口座番号やクレジットカード情報を教えろ」という内容の電子メールが大量に送信されたようだ。もちろん,詐欺メールであり,目的は,他人の銀行口座情報やクレジットカード情報などを入手することにある。

 Warning over tax return deadline e-mail 'phishing' scam
 BBC: 31 January 2010
 http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/8489727.stm

日本でも「還付金詐欺」があったけれど,こちらのほうは「還付金の手続きをするから手数料を振り込め」といった内容で,金銭の詐取を目的としている点が異なる。しかし,今後,銀行口座やクレジットカードの情報を入手する目的での還付金詐欺メールのようなものが日本でも送信される可能性がある。

ところが,日本では,情報の詐取だけでは,刑法上の詐欺罪に該当しないため処罰が難しいことはこれまで何度も書いてきたとおりだ(例外的に,事案によっては支払用カード偽造罪等が成立することはあり得る。)。速やかに刑法改正がなされなければならない。

|

« 英国:通信傍受が更に拡大する可能性 | トップページ | 情報セキュリティ月間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英国:通信傍受が更に拡大する可能性 | トップページ | 情報セキュリティ月間 »