« 米国:ノートPCのカメラで覗き見したことがプライバシー侵害にあたるとして学校が訴えられる | トップページ | ネットオークションでボッテガ・ヴェネタの偽ブランド品を販売した大学生が逮捕 »

2010年2月20日 (土曜日)

Googleなどの企業に対する攻撃の攻撃元は中国の学校?

ニューヨークタイムズによれば,Googleなどの米国企業に対するサイバー攻撃の発信源は中国内にある2つの学校であり,その中の1つは中国の軍と関係していたことが追跡できたとのことだ。下記の記事が出ている。

 2 China Schools Said to Be Tied to Online Attacks
 New York Times: February 18, 2010
 http://www.nytimes.com/2010/02/19/technology/19china.html

 Google attacks 'traced to Chinese schools'
 Guardian: 19 February 2010
 http://www.guardian.co.uk/technology/2010/feb/19/google-attacks-chinese-schools

この追跡は,NSAの研究者を含む情報セキュリティ専門家によってなされたものということなのだが,中国政府は沈黙を守っている。


[追記:2010年2月22日]

関連記事を追加する。

 US 'closes in on Google hackers'
 BBC: 22 February 2010
 http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/8527944.stm


[このブログ内の関連記事]

 中国:Googleなどに対する組織的攻撃への関与について,中国政府が全面否定
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/google-2f72.html

|

« 米国:ノートPCのカメラで覗き見したことがプライバシー侵害にあたるとして学校が訴えられる | トップページ | ネットオークションでボッテガ・ヴェネタの偽ブランド品を販売した大学生が逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国:ノートPCのカメラで覗き見したことがプライバシー侵害にあたるとして学校が訴えられる | トップページ | ネットオークションでボッテガ・ヴェネタの偽ブランド品を販売した大学生が逮捕 »