« 携帯電話の着うた配信制限は独占禁止法違反との判決 | トップページ | Googleの中国における問題は,クラウドコンピューティングが失敗したことを意味するか? »

2010年1月30日 (土曜日)

「馬車引き」「人力車夫」「赤貧洗うがごとし」

これは,ある週刊誌(2010年2月4日号)の見出しの一部だ。某新聞にそのように掲載されていた。その週刊誌を購入していないし,記事も読んでいないので,記事の内容はぜんぜん判らない。

しかし,タイトルそれ自体として違法な存在だと思われる。現代流に言えば,トラック運転手やタクシー運転手などを侮蔑し差別しており,そのような職業にある者を祖先にもつ家族を見下し,これ以上の表現はないのではないかと思われるくらいの最悪の侮蔑をもって表現している。

かつて,某裁判官が,タクシー運転手のことを「くもすけ」呼ばわりしたということで大きな社会問題となったことがある。

週刊誌なら許されるということなどあり得ない。

マスコミはなぜそれを問題としてとりあげようとしないのだろうか?

私は,法的には名誉毀損罪が成立し得る事案だろうと考える。

正義を標榜する週刊誌がそのようなことをやってはならない。

|

« 携帯電話の着うた配信制限は独占禁止法違反との判決 | トップページ | Googleの中国における問題は,クラウドコンピューティングが失敗したことを意味するか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 携帯電話の着うた配信制限は独占禁止法違反との判決 | トップページ | Googleの中国における問題は,クラウドコンピューティングが失敗したことを意味するか? »