« 総務省:政府情報システムの整備の在り方に関する研究会(第4回)議事要旨 | トップページ | プラットフォームの利用者は安全といえるか? »

2009年12月10日 (木曜日)

Googleの名を使って在宅勤務詐欺を行っている者に対し,Googleが訴訟を提起

企業がビッグネームになれば,それを悪用してこすからい詐欺の手段とする者が出てくるのは世の習いというものだろう。下記の記事が出ている。

 Google sues over alleged work-at-home scams
 CNET: December 8, 2009
 http://news.cnet.com/8301-27080_3-10410831-245.html

 Pacific Webworks CEO expresses surprise over Google lawsuit
 The Salt Lake Tribune: 12/09/2009
 http://www.sltrib.com/business/ci_13962967

あくまでも一般論なのだが,普通の商標権侵害の事件の場合,当該商標を侵害している者はどこかで現実に企業活動を行っているので,その者をつきとめて訴訟を提起することは可能だ。

ところが,フィッシングを含む詐欺の場合,加害者はまともに企業活動をしているわけではなく,詐欺の被害者を騙して安心させるために有名企業等の名を騙っているだけなので,その正確な所在や正体をつきとめることが容易でないことがむしろ普通なのではないかと思われる。

|

« 総務省:政府情報システムの整備の在り方に関する研究会(第4回)議事要旨 | トップページ | プラットフォームの利用者は安全といえるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 総務省:政府情報システムの整備の在り方に関する研究会(第4回)議事要旨 | トップページ | プラットフォームの利用者は安全といえるか? »