« ロシアの警察とISPがサイバー犯罪に関与か? | トップページ | 総務省:報通信審議会情報通信技術分科会産学官連携強化委員会推進戦略WG(第1回)配布資料 »

2009年10月26日 (月曜日)

クラウドコンピューティングの市場は景気後退の影響を受けていない?

下記の記事が出ている。

 Cloud computing popularity 'unaffected by recession'
 bcs: 23/10/2009
 http://www.bcs.org/server.php?show=conWebDoc.32978

景気後退(不景気)という厳しい経済環境の下で,少しでも経費を節約しようと考え,やむを得ずクラウドコンピューティングに乗り換えている企業があるかもしれない。もし仮にそうだとすれば,あくまでも机上の想定としては,「いずれ景気が回復するとその分だけ需要が減少する」というシミュレーションもあり得ることになる。

あくまでも一般論だが,消費者だけではなく,企業の購買意欲というものも「生きた人間」の判断によって決定される以上,比較的合理的ではない原因に基づいて行動決定がなされることがある(←「人間は合理的な存在である」ということを大前提とする近代経済学の理論が破綻してしまった最大の原因はこの点に関する誤解にある。人間は「合理的に行動する動物」なのではなく,単純に「欲望に従って行動する動物」だと理解したほうが誤りが少ないかもしれない。)。

|

« ロシアの警察とISPがサイバー犯罪に関与か? | トップページ | 総務省:報通信審議会情報通信技術分科会産学官連携強化委員会推進戦略WG(第1回)配布資料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロシアの警察とISPがサイバー犯罪に関与か? | トップページ | 総務省:報通信審議会情報通信技術分科会産学官連携強化委員会推進戦略WG(第1回)配布資料 »