« Google Book Searchによる独占への懸念が次第に高まっている | トップページ | ISC 2009: Information Security Conference »

2009年8月 9日 (日曜日)

EU:データ保全指令上の義務の履行に伴うディレンマ

欧州のISPは,EUのデータ保全指令(Data Retention Directive)に基づいて各国で制定される法律上の義務として,一定期間,通信記録を保全しなければならず,捜査機関または加入者から要請があったときには保全したデータを開示しなければならない。ところが,捜査機関と加入者とでは開示要請権限の認証を含めレベルの異なる問題を対処しなければならなくなることから,情報セキュリティ上の難しい問題が発生し得ると指摘されている。下記の記事が出ていた。

 Security considerations for ISPs complying with the European Union Data Retention Directive
 Help Net: 6 August 2009
 http://www.net-security.org/article.php?id=1275

|

« Google Book Searchによる独占への懸念が次第に高まっている | トップページ | ISC 2009: Information Security Conference »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Google Book Searchによる独占への懸念が次第に高まっている | トップページ | ISC 2009: Information Security Conference »