« 個人情報の盗難・紛失・流失が続く | トップページ | 中国:ネットワークの利用者は増加したものの・・・ »

2009年7月17日 (金曜日)

クラウドコンピューティングにおける情報セキュリティ上の問題点が現実化

既に外国の記事としてはネットで流布されているので周知の事実ではあるが,日本語の記事をみつけた。

 Twitterの情報流出で問われるクラウドの安全性
 IT Media: 2009年07月16日
 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0907/16/news063.html

クラウド・コンピューティング・サービスでは,情報セキュリティに関しても,原則として,クラウド側のシステムやオペレーションに全面的に依存してしまうことになり,ほぼ完全にアウトソースしたのと同じ状態になる。この場合,もしクラウド側の脆弱性が加害者の知るところとなると,当該クラウドの利用者すべてについて,同じように被害・損失が発生する可能性があることになる。

このことは,個々の企業が独自にサーバを管理している場合であっても,同じ情報セキュリティサービスを利用している場合には同じことになるのではないかという意見があるかもしれない。しかし,本質的に異なっている部分がある。それは,クラウド・コンピューティングにおいては,情報セキュリティに関する管理権限はクラウド側にあるのであって利用者側からは手出しができないという点だ。個々の企業が独自にサーバを構築・運用している場合には,ルート権限はそれぞれの企業が握ったままとなっているのだが,クラウド・コンピューティングではそういうわけにはいかない。

「自分の安全と財産を安易に他人に全部預けてしまうと,どういうことになるのか?」という非常に簡単な図式でものごとを考えるクセをつけるべきだろうと思う。


[関連記事]

 Twitter calls lawyer over hacking
 BBC: 16 July 2009
 http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/8153122.stm

 Twitter hit by security breaches
 BBC: 6 January 2009
 http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/7813558.stm

 Twitter's Security Dilemma
 Forbes: 07.15.2009
 http://www.forbes.com/2009/07/15/twitter-security-internet-technology-security-twitter.html

 Twitter hacked; confidential documents stolen
 Mercury News: 07/16/2009
 http://www.mercurynews.com/topstories/ci_12844562

 Twitter Hack: Are Companies Moving Too Quickly To The Cloud?
 Channel Web: July 16, 2009
 http://www.crn.com/security/218501037;jsessionid=RDITZ524W3VEMQSNDLOSKHSCJUNN2JVN


[追記:2009年7月29日]

関連記事を追加する。

 Twitter breach revives security issues with cloud computing
 Computer World: July 27, 2009
 http://www.computerworld.com/s/article/9135893/Twitter_breach_revives_security_issues_with_cloud_computing_

|

« 個人情報の盗難・紛失・流失が続く | トップページ | 中国:ネットワークの利用者は増加したものの・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 個人情報の盗難・紛失・流失が続く | トップページ | 中国:ネットワークの利用者は増加したものの・・・ »