« Pirate Bayに対し新たな損害賠償請求訴訟 | トップページ | クラウドコンピューティングサービスに対する攻撃により莫大な量のデータが消失してしまう危険性がある »

2009年7月29日 (水曜日)

中国:表現の自由と誹謗中傷の境界は・・・?

日本の裁判例等においても,ある特定の表現行為が表現の自由の範囲内にあるものであるのか,それとも,誹謗中傷として違法行為となるのかの判断に迷う場合が決して少なくない。状況や文脈といった浮動的でしばしば主観的な要素によってその判断基準がゆらいでしまうからだ。これが,文化・歴史・国家体制の異なる国となると,更に難しい問題が出てくる。中国で最近下された判決と関連して,中国では通常考えられている以上に相当に「表現の自由」の幅が狭いということが注目されているようだ。下記の記事が出ていた。

 Internet Defamation: What Are the Boundaries of Free Speech?
 Digital Journal: Jul 27, 2009
 http://www.digitaljournal.com/article/276557

 Recent Defamation Cases and Abuse of Local Power
 China Digital Times: July 29, 2009
 http://chinadigitaltimes.net/2009/04/recent-defamation-cases-and-abuse-of-local-power/

|

« Pirate Bayに対し新たな損害賠償請求訴訟 | トップページ | クラウドコンピューティングサービスに対する攻撃により莫大な量のデータが消失してしまう危険性がある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Pirate Bayに対し新たな損害賠償請求訴訟 | トップページ | クラウドコンピューティングサービスに対する攻撃により莫大な量のデータが消失してしまう危険性がある »