« 米国:司法省がGoogle Book Searchに違法行為がないか調査を開始 | トップページ | EU:SNSにおけるプライバシー保護に関する意見 »

2009年7月 5日 (日曜日)

英国:MI6トップの家族に関する詳細情報がFacebookに流れる

英国のMI6として知られる諜報機関(Secret Intelligence Service)の家族に関する詳細情報がFacebookに流れ,非常に多くの人々に伝播してしまったという事件があったようだ。これでは秘密諜報部員として活動することができないばかりか,家族に何らかの危害が及ぶ危険性が発生してしまうと危惧されている。

 British spy chief's cover blown on Facebook
 Yahoo (AFP): Jul 4, 2009
 http://tech.yahoo.com/news/nm/20090705/wr_nm/us_britain_mi6

日本にも英国のMI6のような機関があるのかどうかは知らない。しかし,例えば,公安委員会の構成員及びその家族等の詳細情報が全部P2Pサイトに流出してしまったら,機密性の高い活動や重要性の高い活動をすることが一切できなくなってしまうので,その全員を直ちに更迭するしかなくなってしまうかもしれない。

意図的にそれがなされる場合もあり得るけれども,重要な仕事をしている者の家族が,安易な気持で家族の詳細情報をSNSサイトなどに掲示したり記録したりし,そこから情報が漏れてしまうこともあり得る。したがって,重要な仕事をする者については,今後,(結婚している場合には)強制的に離婚させ,家族や親戚等との接触を完全に禁止し,友人等との交際も厳しく制限し,完全に孤独な状態で職務を遂行させるといったような非人間的なマネジメントが導入されてしまうかもしれないと考えると,かなり恐ろしい社会になったものだと思わざるを得ない。

|

« 米国:司法省がGoogle Book Searchに違法行為がないか調査を開始 | トップページ | EU:SNSにおけるプライバシー保護に関する意見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国:司法省がGoogle Book Searchに違法行為がないか調査を開始 | トップページ | EU:SNSにおけるプライバシー保護に関する意見 »