« FTCによる接続遮断措置に対するPricewert(3FN)の公式声明 | トップページ | 情報セキュリティ対プライバシー保護(Security vs. Privacy) »

2009年6月14日 (日曜日)

オーストラリア:児童によるSextingをハラスメントの一種として排除の方向へ

児童が自分の裸体写真等を携帯電話を使ってやり取りする行為のことをセクスティング(Sexting)と呼ぶらしい。これは,携帯電話で文字を送信する行為のことを意味するテキスティング(texting)をもじってつくられた造語とのことだ。日本においてセクスティングがどれくらいあるのかは知らないが,世界各国では結構社会問題になっているようだ。

このセクスティングについて,児童ポルノに該当するかどうかがまず問題となるだろうと思われるが,該当しないという考えもある。

 セクスティングは現代の「お医者さんごっこ」、カナダの研究者
 AFP: 2009年05月27日
 http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2606062/4193694

児童ポルノに該当するかどうかは別として,ハラスメントという側面からの検討もなされている。その本人が写真を送信する場合であっても,他人が勝手に送信する場合であっても,確かにハラスメントという状況が発生することはあり得る。

日本の教育界においてこのことが議論されているのかどうかは全く知らない。児童ポルノ罪や強制わいせつ罪等で逮捕される教職員や警察官(←稀な例と思いたいが,裁判官や検察官が強制わいせつ罪等で逮捕された例もある。),自分の子供の裸体写真を撮影してネットで売りさばくような親などがあとをたたないという日本の嘆かわしい現状を考えると,(少なくともそのようなタイプの者にとっては)この問題についてまじめに検討するような雰囲気ではなくなってしまっているのかもしれないけれど,よく判らない。可能性の問題または予測としては,日本ではTV業界,マスコミ,アパレル業界などが女性の裸体を公衆の面前に晒すことについて非常に肯定的な態度をとり続けてきており,テレビコマーシャルの中には露出度が異状に高いものがあるし,ジーンズのデザインでは股上が短か過ぎるものしか売られていないという状況で,ファッション業界が女性に対して身体の一部を露出するように強制しているのではないかと疑いたくなるようなすこぶる嘆かわしい状況が続いている(←自分から進んで身体を露出したいと思う女性も存在するかもしれないが,現実には,そのようなファッションが良く似合う女性と全然似合わない女性とが一定割合で存在することは一応措くとしても,単に周囲に対して迷惑や嫌悪感をまきちらしているだけということが決して少なくないのではないかと疑いたくなることがある。)。このような状況の下においては,児童が自分の身体の全部または一部を外部に晒すことについての抵抗感がどんどん低下してしまうことは避けられないのではないかという仮説が一応成立するだろうと思われる。

しかし,そのどちらにしても,その写真の被写体となっている児童の将来にとってプラスとなることはあまりないだろうと思われる。

この問題に関して,オーストラリアの教育関係者は,「セクスティングはハラスメントの一種である」として,教育現場からそれを排除する方向へ動くことになったようだ。

 Schools move to prevent 'sexting'
 Daily Examiner: 11th June 2009
 http://www.dailyexaminer.com.au/story/2009/06/11/schools-move-to-prevent-sexting/

セクスティングは,事案によってはネット上の児童の安全(Net Safe)の問題とも関連してくる。児童の裸体写真が一般的に流通するようになれば,当然,暴力団などの犯罪者も資金源として目をつけることになってくるだろうと予測される。

日本でも実態調査を踏まえた上で,何らかの検討が必要になるかもしれない。

|

« FTCによる接続遮断措置に対するPricewert(3FN)の公式声明 | トップページ | 情報セキュリティ対プライバシー保護(Security vs. Privacy) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186875/45333709

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア:児童によるSextingをハラスメントの一種として排除の方向へ:

« FTCによる接続遮断措置に対するPricewert(3FN)の公式声明 | トップページ | 情報セキュリティ対プライバシー保護(Security vs. Privacy) »