« 英国:政府によるテロリスト容疑者に対する監視は人権侵害? | トップページ | 携帯電話の通話履歴に基づいて超過勤務時間を認定した事例(大阪高裁平成20年10月30日判決・労働判例977号42頁) »

2009年6月12日 (金曜日)

米国:電子投票システムのための技術標準が改訂

米国における電子投票システムの技術標準(2005 Voluntary Voting System Guidelines)が改訂される模様。2009年6月1日から120日間,パブリックコメントが募集される。

 120-Day Public Comment Period for VVSG 1.1 Begins Today
 United States Election Assistance Commission: 06/01/2009
 http://www.eac.gov/News/press/120-day-public-comment-period-for-vvsg-1-1-begins-today/base_view

 US issues revised e-voting standards
 Register: 3rd June 2009
 http://www.theregister.co.uk/2009/06/03/revised_evoting_standards/


|

« 英国:政府によるテロリスト容疑者に対する監視は人権侵害? | トップページ | 携帯電話の通話履歴に基づいて超過勤務時間を認定した事例(大阪高裁平成20年10月30日判決・労働判例977号42頁) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国:電子投票システムのための技術標準が改訂:

« 英国:政府によるテロリスト容疑者に対する監視は人権侵害? | トップページ | 携帯電話の通話履歴に基づいて超過勤務時間を認定した事例(大阪高裁平成20年10月30日判決・労働判例977号42頁) »