« Amazonの新型電子書籍用端末 | トップページ | 総務省:情報通信審議会 情報通信政策部会 通信・放送の総合的な法体系に関する検討委員会 »

2009年5月 8日 (金曜日)

電子煙草まで禁止措置とは・・・

電子煙草なるものがある。これは,煙草に似せた電子器具であり,タバコを吸った気分にはなるがタバコではないので,周囲に対して発がん性物質や煙などを吸引させてしまう害は一切ない。しかし,北海道のJRでは電子タバコまで禁止にしてしまったらしい。「禁煙」や「嫌煙権」の本来の理由などを考えてみると,何か変だ。

 本物そっくり「電子タバコ」 JR北海道が禁止で論議呼ぶ
 JCASTニュース: 2009/5/ 7
 http://www.j-cast.com/2009/05/07040708.html

私個人としては,タバコよりも「声」のほうがもっと有害だと思っている。通勤電車で疲れて揺られているときなどは特にそうで,無神経に携帯電話で通話をしている人々,他人の悪口ばかりが耳についてしまうくだらないおしゃべりに夢中になっている人々などが近くにいると,ついムカついてしまうことが多い。あまりにもひどいときには(逆ギレされて殺される危険性があることも省みず)それとなく注意をすることもあるが,たいていの場合,無視される。他人のくだらない無神経なおしゃべりは,これだけきつい社会の中で必死になって働き続け疲れきっている者にとっては極めて有害な存在なので,むしろ,電車の車内では一切声を出さないよう「禁発声」という制度のようなものを導入してもらいたいくらいだ。

|

« Amazonの新型電子書籍用端末 | トップページ | 総務省:情報通信審議会 情報通信政策部会 通信・放送の総合的な法体系に関する検討委員会 »

コメント

キメイラさん こんにちは。

ほんと,ダブスタだらけですね。

ちなみに,発注の際の設計図と,施工の際の設計図と,現実になされる施工とが全く違っている・・・なんて例はいくらでもありますが,こういうのはマルチスタンダードと言うのでしょうかね?

投稿: 夏井高人 | 2009年5月18日 (月曜日) 16時00分

 夏井先生,応答ありがとうございます。o(_ _*)o
 ご指摘のように,曖昧決着を図る文化(和の文化?)である反面で白黒をつけたがる二重構造があり,二枚舌ダブスタが日本文化じゃないか,と思う時もあります。デジタル成果物の委託や売買なのに契約書が曖昧灰色だったので,いざ訴訟となると(以下略。電子タバコで一服したくなります(爆。

投稿: キメイラ | 2009年5月18日 (月曜日) 00時12分

キメイラさん こんにちは。

日本では、「建前論」があまりにも尊重し過ぎるのだろうと思います。

世の中、完全な「白」はほとんどないし、完全な「黒」もめったにないはずで、大半の事象は濃淡の差こそあれ「灰色」の範疇に含まれてしまうだろうと思っています。にもかかわらず、「白黒つける」という言葉にも示されているように、日本人の多くはデジタル思考(応用例:勧善懲悪)なんですよ。思考回路が単純すぎて、まったくお話にならないと思います。

投稿: 夏井高人 | 2009年5月14日 (木曜日) 16時54分

 日本って国は,英米以上にピューリタンな面が出るときがありますね。服装髪型規制校則問題とか(遠い目。そのうち,フェイクタバコがダメなのとバランスをとって,噛みタバコ禁止だとか言い出しかねない。
 反面,少し前までは,ハッキング天国,チャイルドポルノ天国,人身売買天国(外国人婦女子)だったという杜撰さもあって,全然ピューリタンじゃないし。
 電子タバコ禁止措置は息苦しい(。_・☆\ ベキバキ

投稿: キメイラ | 2009年5月12日 (火曜日) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186875/44937930

この記事へのトラックバック一覧です: 電子煙草まで禁止措置とは・・・:

« Amazonの新型電子書籍用端末 | トップページ | 総務省:情報通信審議会 情報通信政策部会 通信・放送の総合的な法体系に関する検討委員会 »