« ボットネットの実際 | トップページ | 総務省:情報通信審議会 情報通信技術分科会IPネットワーク設備委員会安全・信頼性検討作業班(第16回)の開催 »

2009年5月26日 (火曜日)

ストリートビューの問題は国(総務省)レベルでの検討へ

ストリートビューについては様々な議論があったし今でも続いている。その中で個人情報,プライバシー,肖像権等と関連する法律問題は,IT業界の中で正しく理解されていないかもしれない多数問題を多く含んでいることから,なかなかうまくいかないことが決して少なくない。しかし,侵害行為は侵害行為なので,何らかの適切な対策を講ずることが必要となる。

この問題については,東京都情報公開・個人情報保護審議会でも審議がなされてきたが,今後,国(総務省)の立場でも検討が進められることになったようだ。

 「ストリートビュー」洗濯物の画像はプライバシー侵害か?  東京都の審議会、総務省に検討を要請
 Internet Watch: 2009/05/25
 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/05/25/23552.html

なお,このブログでは既に触れているが,公衆送信を全く前提とせずに屋外で公開されている著作物の映像等をインターネットを通じて公衆送信した場合,著作権侵害の問題が発生し得ることも忘れてはならない。また,防衛,要人警護,対テロ対策,治安維持の問題を含め,一定限度で撮影禁止場所を設定することが必要な場合があることも念頭に置いた上で,全体としての問題の解決をはかる必要があるだろう。

|

« ボットネットの実際 | トップページ | 総務省:情報通信審議会 情報通信技術分科会IPネットワーク設備委員会安全・信頼性検討作業班(第16回)の開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストリートビューの問題は国(総務省)レベルでの検討へ:

« ボットネットの実際 | トップページ | 総務省:情報通信審議会 情報通信技術分科会IPネットワーク設備委員会安全・信頼性検討作業班(第16回)の開催 »