« 過ぎたるは及ばざるが如し | トップページ | クラウドコンピューティングの適法要件 »

2009年5月19日 (火曜日)

警察庁:「振り込め詐欺(恐喝)」の認知・検挙状況等について(平成21年1~4月)

警察庁のサイトで,下記の統計結果が公表されている。

 「振り込め詐欺(恐喝)」の認知・検挙状況等について(平成21年1~4月)
 警察庁:H21.5.18
 http://www.npa.go.jp/sousa/souni7/furikome_H21_4.pdf

ここで注目すべきは,振り込め詐欺と振り込め恐喝とがあり得るという理解を前提にした統計だということだ。確かに,恐喝の類型に属するものはある。

さて,詐欺とみることもでき恐喝とみることのできるものもあり得るし,現実には被害者の錯誤を利用した恐喝という側面を常に具有しているとも言い得るので,その場合の構成要件該当性及び罪数関係はどうなるのだろうか・・・?

|

« 過ぎたるは及ばざるが如し | トップページ | クラウドコンピューティングの適法要件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁:「振り込め詐欺(恐喝)」の認知・検挙状況等について(平成21年1~4月):

« 過ぎたるは及ばざるが如し | トップページ | クラウドコンピューティングの適法要件 »