« 総務省:地方公共団体ASP・SaaS活用推進会議 第一次中間報告 | トップページ | IPA:「IT人材市場動向調査 調査報告概要版No.3」の公開 »

2009年3月29日 (日曜日)

警察庁:出会い系サイトにおける児童でないことの確認の方法の厳格化の施行状況

警察庁のサイトで,下記の調査結果が公表されている。

 出会い系サイトにおける児童でないことの確認の方法の厳格化の施行状況について
 警察庁:平成21年3月26日
 http://www.npa.go.jp/cyber/deai/kaiseilaw/pdf/sekougo2.pdf

年齢を偽ってでも出会い系サイトに登録しようとする者は,偽造した運転免許証や学生証その他の身分証明書などをファックス送信することもあるのではないかと思う。そのような事例では,積極的に文書偽造罪等で逮捕するようにすべきだろうと思う。

|

« 総務省:地方公共団体ASP・SaaS活用推進会議 第一次中間報告 | トップページ | IPA:「IT人材市場動向調査 調査報告概要版No.3」の公開 »

コメント

キメイラさん こんにちは。

子どものほうが新しい手口に抵抗感なくはまりやすいだろうと思いますし,また,そのように誘導するヤクザや不良は警察よりもずっと悪賢いだろうと推測します。仮にそうだとすると,もしかすると既に飛ばし携帯や不正開設銀行口座などよりもずっと悪質な世界になってしまっているかもしれませんね。

犯罪と取り組むときは,普通の大人の感覚でものごとを考えているだけでは後手後手に回ってしまい駄目でしょう。悪人の感性や思考などを正確にシミュレートできる機能をもった脳に鍛えておかないといけないかもしれませんね。(苦笑)

投稿: 夏井高人 | 2009年3月30日 (月曜日) 11時07分

 出会い系サイトも、飛ばし携帯や不正開設銀行口座と同じ世界になっていく悪寒がします。(T_T)

投稿: キメイラ | 2009年3月30日 (月曜日) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁:出会い系サイトにおける児童でないことの確認の方法の厳格化の施行状況:

« 総務省:地方公共団体ASP・SaaS活用推進会議 第一次中間報告 | トップページ | IPA:「IT人材市場動向調査 調査報告概要版No.3」の公開 »