« 米国:テネシー州でクレジットカードなどが危険な状態になっているかもしれない | トップページ | オンライン・ブランド侵害(Online brand abuse) »

2009年3月 9日 (月曜日)

日本カード情報セキュリティ協議会の設立

NTTデータセキュリティなどが中心となって,クレジットカードのセキュリティを確保するための団体である「日本カード情報セキュリティ協議会(Japan Card Data Security Consortium:JCDSC)」が設立されるようだ。

 安心できるクレジットカード利用環境の構築を--セキュリティ各社が協議会を開設へ
 CNET Japan: 2009/03/09
 http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20389436,00.htm

以前から問題になっていることではあるが,きちんと対応しようとすれば,クレジットカードなどの支払用カードの安全性を大幅に改善することは技術的には可能なことだし,運用にもそんなに大きな問題はないと考えられる。しかし,中小のカード加入事業者にクレジットカード用端末の交換などを含め,コストの増加を求めるとなると,なかなか難しい問題があるのではないかと思う。それでなくてもこの不景気だ。中小のカード加入事業者が置かれている状況は本当に厳しい。そこらへんのところを上手に解決していくことが,カードの安全性を高めるたに非常に重要なことではないかと考えられる。


|

« 米国:テネシー州でクレジットカードなどが危険な状態になっているかもしれない | トップページ | オンライン・ブランド侵害(Online brand abuse) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本カード情報セキュリティ協議会の設立:

« 米国:テネシー州でクレジットカードなどが危険な状態になっているかもしれない | トップページ | オンライン・ブランド侵害(Online brand abuse) »