« 第18回ソフトウェア開発環境展 | トップページ | 中国人専用『闇の職業安定所』 »

2009年3月16日 (月曜日)

電子メールの進化? - e-mail 2.0

BBCによれば,FacbookなどのSNSプロバイダは,特別のメンバー間でのファイル共有などの新機能を付加した新世代電子メールサービスの構築をめざしているとのことだ。

 Social networks 'are new e-mail'
 BBC: 15 March 2009
 http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/7942304.stm

このようなサービスを構築するためには,結構手間がかかるような気がするし,システムを破綻なく稼動させようとすることばかり考えていると,とんでもないセキュリティホールができてしまいそうな気もするが,要するに,普通の電子メールとは異なる電子メールサービスをSNSユーザに提供することによって更にビジネスを拡張したいということなのだろうと思う。

ちなみに,普通のインターネットユーザの場合には,電子メールで直接にファイル共有をすることはできないのが一般的で,強いて言えばファイルを保存してある共有サーバへの自動リンクを設定するくらいのものではないかと思う(もしかすると,グループウェアの中には同じような機能を提供するものがあったかもしれない。)。

他方,ファイル共有については,そもそも著作権法上の問題や児童ポルノを含むサイバー犯罪上の問題などが常に存在している。これがSNS上で電子メールの機能として実行された場合,それは私的な場所での行為と言えるのか言えないのか,法理論的にも結構難しい問題が生じてしまいそうだ。

|

« 第18回ソフトウェア開発環境展 | トップページ | 中国人専用『闇の職業安定所』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子メールの進化? - e-mail 2.0:

« 第18回ソフトウェア開発環境展 | トップページ | 中国人専用『闇の職業安定所』 »