« 「だまし」の氾濫 | トップページ | 電子商取引は米国でも堅調 »

2008年12月25日 (木曜日)

個人情報の流出がとまらない

毎日のように報道されているのに,同じような事故が繰り返されている。ニホンザルやチンパンジーでさえ高度な学習能力をもっているというのに,ヒトは,それ以下ということか・・・

 看護師が患者情報入りメモリー紛失 千葉大医学部付属病院
 産経ニュース: 2008.12.24
 http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/chiba/081224/chb0812241837007-n1.htm

 個人情報含む書類を委託先金融機関が紛失 - 雇用・能力開発機構
 Security NEXT: 2008/12/24
 http://www.security-next.com/009604.html

 個人情報:太田労基署、障害年金の書類を誤って別人に送る /群馬
 毎日jp: 2008年12月23日
 http://mainichi.jp/area/gunma/news/20081223ddlk10040270000c.html

 個人情報がネット上で閲覧可能な状態に - パナソニック健保組合
 Security NEXT: 2008/12/22
 http://www.security-next.com/009592.html

 「どこから漏れたか分からない」――個人情報の盗難、4割は「心当たりなし」
 IT Media: 2008年12月17日
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0812/17/news110.html

[このブログ内の関連記事]

 個人情報の流出相変わらず
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-98e3.html

 個人情報の紛失・盗難が更に相次ぐ
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-29dc.html

 相変わらず個人情報の流出・紛失が続く
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-96a7.html

 ファイル交換ソフトによる情報流出
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-aef4.html

 神戸市が個人情報保護の目的で市立小中学校の全教員にシンクライアント型PCを配布
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/pc-5e67.html

※ リンクしてあるニュースサイトなどの記事には既に消去されてしまっているものが少なからずある。事故を起こした組織からの要請・圧力に新聞社などが屈しているのだとしたら,マスコミはすでにその使命を自ら放棄していると理解するしかない。

|

« 「だまし」の氾濫 | トップページ | 電子商取引は米国でも堅調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186875/43523858

この記事へのトラックバック一覧です: 個人情報の流出がとまらない:

« 「だまし」の氾濫 | トップページ | 電子商取引は米国でも堅調 »