« USENに対し20億円の損害賠償の支払いを命ずる判決 | トップページ | 国立国会図書館の近代デジタルライブラリー »

2008年12月11日 (木曜日)

脳内の様子を推定するシステム

京都府にある国際電気通信基礎技術研究所は,人間の脳内の状態を推定する技術を開発するための基礎的な実験に成功したようだ。現時点では非常に単純なことしかできないようだが,将来,測定のための手段がより精巧になれば,もっと細かな状態まで推定できるようになるだろう。

 視覚野:夢の「再現」夢じゃない?
 毎日jp: 2008年12月11日
 http://mainichi.jp/select/science/news/20081211k0000m040129000c.html

このようなシステムは,何の目的で使用することができるだろうか?

良い目的にも悪い目的にも使えそうなところが要注意だ。


|

« USENに対し20億円の損害賠償の支払いを命ずる判決 | トップページ | 国立国会図書館の近代デジタルライブラリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186875/43383728

この記事へのトラックバック一覧です: 脳内の様子を推定するシステム:

« USENに対し20億円の損害賠償の支払いを命ずる判決 | トップページ | 国立国会図書館の近代デジタルライブラリー »