« フリーメールはスパムの温床 | トップページ | カリフォルニアのIT産業では大量の失業者発生 »

2008年12月20日 (土曜日)

IPA: DNSキャッシュポイズニング脆弱性について再度の警告

IPAは,DNSキャッシュポイズニング脆弱性の問題が解消されておらず,その届出が増加し続けている現状に鑑み,再度の警告を発した。

 -DNSサーバを管理するウェブサイト運営者は早急にDNSサーバのパッチ適用や設定変更を!-
 IPA: 2008年12月19日
 http://www.ipa.go.jp/security/vuln/documents/2008/200812_DNS.html

|

« フリーメールはスパムの温床 | トップページ | カリフォルニアのIT産業では大量の失業者発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IPA: DNSキャッシュポイズニング脆弱性について再度の警告:

« フリーメールはスパムの温床 | トップページ | カリフォルニアのIT産業では大量の失業者発生 »