« 英国では,著作物の著作権保護期間を50年から70年に延長する見込み | トップページ | 米国が,偽セキュリティソフトのサイトをシャットダウン »

2008年12月13日 (土曜日)

Google Earthがテロを支援したとして,インドで起訴される

インドでは,ムンバイにおける事件に際しGoogle Earthが用いられたということを理由に,Google Earthがテロ支援サービスであるとして起訴された模様だ。

 Google Earth accused of aiding terrorists
 Times Online: December 9, 2008
 http://technology.timesonline.co.uk/tol/news/tech_and_web/the_web/article5311241.ece

 Google Earth: Educational or a terrorist tool?
 6 News: 12/10/2008
 http://kaaltv.com/article/stories/S700583.shtml?cat=10728

 Google Earth used in Mumbai terrorist attacks
 tgdaily: December 01, 2008
 http://www.tgdaily.com/content/view/40390/113/

同様の懸念はすべての国において当てはまる。米国においても,テロリストに悪用される危険性が指摘されている。

 Satellites Spy on Washington from on High [Slide Show]
 Scientific American: December 11, 2008
 http://www.sciam.com/article.cfm?id=spying-washington-from-satellite

日本国政府は,いつでも必要に応じて,Google Earth及びStreet Viewなどのサービス提供を無条件で即時禁止する措置を講じることができるような体制を確立しておく必要がある。それなしには国防や治安維持の目的を達成することができない。

ちなみに,どこかの大学の世間知らずの学者が,「Google MAPやStreet Viewなどを大震災の際に安全な場所へ避難民を誘導するためのツールとして利用しようと提案しているらしい」ということを耳にした。全くもって愚かな提案だとしか言いようがない。「大震災や戦争や核攻撃等のような状況下では,インターネット接続がまともにできる可能性が著しく低い」という小学生でも分かる当たり前のことを全然理解できていないのだ。仮に通信回線それ自体は生きていたとしても,それは主として重要通信の確保のために用いられるのであって,普通の避難民が利用できる可能性は皆無に近い。このような緊急事態において最も効果的なのは,アナログによるラジオ放送あるいは地域ごとの防災無線による放送だろうと信じている。

[関連記事]

 Indian Court Asked For Ban On Google Earth
 TopNews.in: 12/13/2008
 http://www.topnews.in/indian-court-asked-ban-google-earth-298138

 Indian lawyer wants Google earth banned
 terra: December 10, 2008
 http://blastmagazine.com/the-blogs/terra/2008/12/indian-lawyer-wants-google-earth-banned/

 中国とインド、インドで合同軍事訓練
 IB Times: 2008年12月08日
 http://jp.ibtimes.com/article/biznews/081208/24809.html

|

« 英国では,著作物の著作権保護期間を50年から70年に延長する見込み | トップページ | 米国が,偽セキュリティソフトのサイトをシャットダウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Google Earthがテロを支援したとして,インドで起訴される:

« 英国では,著作物の著作権保護期間を50年から70年に延長する見込み | トップページ | 米国が,偽セキュリティソフトのサイトをシャットダウン »