« Appleが中国で商標権侵害訴訟に勝訴 | トップページ | EFF対AT&Tの訴訟の現況 »

2008年12月 5日 (金曜日)

DNA特許が患者の治療と救命を妨げる

あるDNA関係の特許について調査していたら,たまたま下記の記事を見つけた。

 Sick babies denied treatment in DNA row
 Sydney Morning Herald: November 29, 2008
 http://www.smh.com.au/news/national/sick-babies-denied-treatment-in-row/2008/11/28/1227491827171.html?page=fullpage#contentSwap1

この記事によれば,DNAの検査によって特殊な疾病の罹患を発見したりDNA治療により救命できるような場合であっても,公立病院がそれを実施しようとすると既に登録されてしまっている特許に妨げられ,何もできないことがあるのだという。

世界規模で特許制度の見直しが必要になるかもしれない。例えば,人命を救うため,あるいは疾患の発見及び治療のために用いる場合には,特許権者の許諾を受ける必要がないといったような広範な例外を設ける必要があるだろう。

|

« Appleが中国で商標権侵害訴訟に勝訴 | トップページ | EFF対AT&Tの訴訟の現況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186875/43329255

この記事へのトラックバック一覧です: DNA特許が患者の治療と救命を妨げる:

« Appleが中国で商標権侵害訴訟に勝訴 | トップページ | EFF対AT&Tの訴訟の現況 »