« 第7回クリティカルソフトウェアワークッショップ(WOCS2009) | トップページ | DNA特許が患者の治療と救命を妨げる »

2008年12月 5日 (金曜日)

Appleが中国で商標権侵害訴訟に勝訴

米国のAppleが中国で類似商標を使用していた中国企業を被告として中国の裁判所に提起していた商標権侵害訴訟について,Appleが勝訴した模様だ。

 Apple wins copyright case in China: state media
 AFP: Dec. 2, 2008
 http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5iu9ZnhoS3KWzLYEGkO78zZQvWF1A

中国では,モノマネやコピーが当たり前という文化があり,このことが中国以外の企業にとって大きな問題となってきたことは周知のとおりだ。従前,「中国の裁判所は,中国の企業を勝訴させる傾向がある」と言われてきたが,最近では,まともな判決をするようになってきたと評価してよいだろうと思う。

|

« 第7回クリティカルソフトウェアワークッショップ(WOCS2009) | トップページ | DNA特許が患者の治療と救命を妨げる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Appleが中国で商標権侵害訴訟に勝訴:

« 第7回クリティカルソフトウェアワークッショップ(WOCS2009) | トップページ | DNA特許が患者の治療と救命を妨げる »