« DNSキャッシュ・ポイズニングへの対応について見解の対立 | トップページ | 佐賀県嬉野市でGoogleカレンダーを含め外部サイトの使用を禁止 »

2008年11月29日 (土曜日)

インターネット上で赤ん坊が売買される

国際的な養子縁組の例はいくらでもある。児童の養子縁組を円滑に進めるために電子メールなどが用いられるのも普通のことかもしれない。しかし,有償で養子縁組をするとなると話しは別で,人身売買としてとらえられてしまうことがある。

オランダ人の夫婦がベルギー人の赤ん坊をインターネット上で買い取ったという事案について,オランダの裁判所は,ベルギー当局がこの赤ん坊の取扱いをどうするか決定するまでの間,オランダの児童福祉施設で保護するように命ずる決定をしたようだ。

 インターネットで売買された赤ん坊に保護命令
 IT Media: 2008年11月28日
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0811/28/news050.html

 Dutch 'internet baby' case opens
 BBC: 27 November 2008
 http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/7752817.stm

 Dutch court says Internet baby to be taken into care
 REUTER: Nov 28, 2008
 http://in.reuters.com/article/technologyNews/idINIndia-36749620081127

 Judge puts 'internet baby' into temporary care
 WA today: November 28, 2008
 http://www.watoday.com.au/world/judge-puts-internet-baby-into-temporary-care-20081128-6kxe.html

この事件は,欧州では広く報道されており,かなり衝撃的な事件として受け取られているのではないかと思う。

児童ポルノの規制と合わせて児童や女性の人身売買の禁止について国際的な関心が高まって折から,今後,この事件についての議論が高まるのではないかと思われる。

|

« DNSキャッシュ・ポイズニングへの対応について見解の対立 | トップページ | 佐賀県嬉野市でGoogleカレンダーを含め外部サイトの使用を禁止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インターネット上で赤ん坊が売買される:

« DNSキャッシュ・ポイズニングへの対応について見解の対立 | トップページ | 佐賀県嬉野市でGoogleカレンダーを含め外部サイトの使用を禁止 »