« EU:サイバー犯罪に対応するための新戦略 | トップページ | 中国:Motion Picture Association of America (MPAA)がXunlei(迅雷)を提訴 »

2008年11月30日 (日曜日)

中国:インターネット依存を疾病とする見解に批判

先ごろ,中国ではインターネット中毒またはインターネット依存を疾病として扱うことになった。ところが,そのような見解に対し,医学的根拠がないとして批判が出ているようだ。

 Clinic expert defends his Internet-addiction claim in face of criticism
 China View: 2008-11-26
 http://news.xinhuanet.com/english/2008-11/26/content_10412398.htm

ただし,中国でも「言論の自由」が拡大しつつあるのかどうかについては,何とも言えない。

[関連記事]

 ネット「中毒」は病気!WHOに登録へ、利用者の10%が「感染」―中国
 @nifty ニュース:2008年11月15日
 http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20081115002/1.htm

 7万人がネット中毒
 Swissinfo.ch:2008/10/21 - 9:50
 http://tinyurl.com/5bcvfy

 中国の若者の13%がネット中毒
 IT Media News:2005/11/24
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/24/news051.html

|

« EU:サイバー犯罪に対応するための新戦略 | トップページ | 中国:Motion Picture Association of America (MPAA)がXunlei(迅雷)を提訴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国:インターネット依存を疾病とする見解に批判:

« EU:サイバー犯罪に対応するための新戦略 | トップページ | 中国:Motion Picture Association of America (MPAA)がXunlei(迅雷)を提訴 »