2021年5月18日 (火曜日)

Bizarro

下記の記事が出ている。   Bizarro Banking Trojan Sports Sophisticated Backdoor  Threat Post: May 17, 2021  https://threatpost.com/bizarro-banking-trojan-backdoor/166211/...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月17日 (月曜日)

中国:プライバシーとデータセキュリティに関する立法動向

下記の記事が出ている。   Update on the State of Privacy Law in China  Lexology: May 13, 2021  https://www.lexology.com/library/detail.aspx?g=fd875b67-4ac5-43d1-9c5b-6c886355eec2...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月16日 (日曜日)

Triple Extortion

下記の記事が出ている。   Ransomware’s New Swindle: Triple Extortion  Threat Post: May 14, 2021  https://threatpost.com/ransomwares-swindle-triple-extortion/166149/...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月15日 (土曜日)

ブルックナーの交響曲第9番

ブルックナーの交響曲第9番は,未完で終わった楽曲であるせいかどうか,その解釈と演奏が多様なものとなっている。 それぞれ聴き手の趣味の問題でもあるので,どの指揮者とオーケストラによる演奏が一番良いとか悪いとかいう講釈の類はほとんど無意味だと思う。 しかも,私は,音楽学者ではないので,素人として自由に聴き,意見を述べることのできる立場にある。「当該分野の専門家ではない」ということの自由さとありがたみを...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月14日 (金曜日)

Send My

下記の記事が出ている。   The ‘Send My’ exploit can use Apple’s locator service to collect and send information from nearby devices for later upload to iCloud servers.  Threat Post: May 13, 2021  https://threatpo...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月13日 (木曜日)

城里町におけるワクチン接種

城里町の町長らがワクチン接種を受けたことについて,批判があるようだ。 私は,別に問題はないと考える。一体どこがどのように悪いのかわからない。 組織の判断決定機関が倒れてしまったのでは,(個々の町職員のレベルで町全体にかかわる意思決定をすることなど許されることではないので)町役場として機能しなくなる危険性がある。そうなると,町として町民に対して様々な対応策を講ずることもできなくなる。 組織のトップと...

» 続きを読む

| | コメント (0)

FragAttacks

下記の記事が出ている。   ‘FragAttacks’: Wi-Fi Bugs Affect Millions of Devices  Threat post: May 12, 2021  https://threatpost.com/fragattacks-wifi-bugs-millions-devices/166080/   [追記:2021年5月17日] 関連記事を追加する。   Deca...

» 続きを読む

| | コメント (0)

BBC:ロシアからのランサム攻撃に関する英国政府の警告

下記の記事が出ている。   Foreign Secretary issues warning to Russia on ransomware  BBC: 12 May, 2021  https://www.bbc.com/news/technology-57084943...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月12日 (水曜日)

DarkSide

下記の記事が出ている。  A Closer Look at the DarkSide Ransomware Gang Krebs on Security: May 11, 2021 https://krebsonsecurity.com/2021/05/a-closer-look-at-the-darkside-ransomware-gang/   [追記:2021年5月15日] 関連記事を追加す...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月11日 (火曜日)

Heinrich Isaac: Missa de Apostolis

手間のかかる仕事に一区切りをつけ,ぼ~~っとしていたら,郵便が届いた。Amazonで注文していた中古CDだった。 このCDは,ハインリヒ・イザークの使徒ミサとモテットを収録した「Heinrich Isaac: Missa de Apostolis (Gimell CDGIM 023)」。演奏は,タリス・スコラーズ。 現在,ネット上にもアップロードされている楽曲なのだが,著作権処理に関して全く不明。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月10日 (月曜日)

中止

「不可抗力なので,損害賠償責任を一切負わない。」 そのように主張して頑張れば良い。 それが全てのスタートラインだ。 そう思えないなら,政治家などやめてしまえば,よほど安穏とした生活を送れるというのに・・・  ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月 8日 (土曜日)

落下

非常に高い場所に位置している高速移動体を地上の任意の場所に落下させる計算式を完成していない者がいると仮定する。 既にその計算式を完成している者から任意の提供を受けることができない場合,どうするだろうか? 様々な予測が可能だが,例えば,予測不可能な落下物を意図的につくり,恐怖を与えるという手があり得る。恐喝の一種と言える。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月 6日 (木曜日)

ヨハンネス・オケゲム『ミサ曲 ド・プリュ・ザン・プリュ』

若い頃にはNHK FM放送でルネサンス~バロック期の音楽を流す番組でしばしば放送され,何度も聴いた曲。 音楽理論家の説によると,オケゲムの作とされる楽曲の中には,真作と偽作とが混じっているらしい。(音楽学者ではない私としては)何とも真偽の区別をつけようがないのだけれども,とにかくオケゲムの曲として何百年もの間伝えられてきた曲を聴くと,とても美しく,和声と旋法が心に深く染みこむ思いをしたものだった。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月 4日 (火曜日)

ピエール・ブーレーズ

最近,ちょっと気になってピエール・ブーレーズのことを調べ続けていた。 結論として,凄い才能の持ち主(天才?)ではないかと思う。 ブーレーズは,2009年に京都賞受賞の際に「人生における普遍的なあるべき考え方」との質問を受け,「好奇心を持ち続けること」と応えたと伝えられている。 まさにそのとおりだと思う。 ただし,十分な好奇心は,誰にでも備わっている才能というわけではない。しかし,現時点において好奇...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月 3日 (月曜日)

スクリャービン:交響曲第2番

エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮・ロシア国立交響楽団の演奏によるスクリャービンの交響曲第2番(作品29)のCDを聴いた。 スヴェトラーノフの楽曲解釈によるものなのかもしれないが,何となくマーラーの交響曲を聴いているような錯覚に陥る部分が多々ある。ただし,第5楽章だけは別で,おそらく,スクリャービンが「俺はブラームスよりも優れている!」と己惚れながら書いた楽章なのではないかと思う。 初演は酷評の嵐だっ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

センサー用ICチップの耐用年数

モノのインターネットに利用される場合を含め,センサー用ICチップの耐用年数は不明だ。 技術革新が緩慢であれば,実際の経験により耐用年数を知ることができる。しかし,耐用年数が来ていなくてもどんどん新たな製品が出てくるので交換となり,本当の耐用年数がわかりにくい。 しかし,物品の生産能力や配置・点検・交換等の費用を考えると,いつまでも容易に全とっかえできる時代が続くとは思われない。旧式のものをどうにか...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月 2日 (日曜日)

前提条件

世界には非常に優秀な人間が存在する。 同時に複数のことを考え,決断し,行動決定することができる。 しかし,(私自身を含め)普通の人間はそうではない。 それゆえ,解決しなければならない課題を絞り,可能な限り少なくして対応するしかない。 その結果,前提条件の大部分が変動しないものとして仮定されることになる。これは,複雑系とは全く逆の発想方法ということになるが,それしかできないのであれば仕方がない。 た...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年4月28日 (水曜日)

シューマン:交響曲第2番

シューマンの交響曲は,好き嫌いがあるかもしれない。 確かに,普通のロマン派の楽曲のように見える。 しかし,私は,例えば,プロコフィエフやショスタコービチのような現代の作曲家の作品を先取りするような部分を含む天才的な作品群の一部なのではないかと思う。天才過ぎるのと同時に,常識人過ぎたため,その精神的葛藤の中でちょっとおかしくなってしまったのかもしれない。 それはさておき,下記のサイトでジョージ・セル...

» 続きを読む

| | コメント (0)

北斎パクリ風刺画

一部で話題になっているようなのだが・・・ 作者は,中国大陸から放出される大量の放射性物質(ゴビ砂漠から舞い上がる粉塵に含まれるものを含む。)を風刺するつもりで作成したのかもしれないのだが,真意が知れると粛清されてしまうので,「日本を非難する趣旨だ」と弁解したのだろうと解釈している。 その証拠に十字架が描かれている。 中国共産党はキリスト教に対して禁圧的な政策を採用しているし,中国共産党政府の外交部...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年4月23日 (金曜日)

ISO/IEC 30161:2020

関係者は祝賀ムードでいっぱいだろうと思う。 それに水をさす気は全くないが,重要なことだと考えるので,「祝賀しているのは,サイバー攻撃者も同じだ」という点だけ指摘だけしておく。 面倒な問題の発生を避けるため,理由は述べない。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«Edith Peinemann WDR Concerto Recordings